お知らせ

活動報告や更新案内を紹介いたします。


新型コロナウィルス対策として

掲載日:2020/01/27(月)

今、世界中で新型コロナウィルスのアウトブレークが心配が叫ばれておりますが新型インフルエンザウィルス(コロナウィルス)も我々が冬に罹 るインフルエンザも同じウィルスで同じ特性を持っています。まず、患者さんから咳、クシャミで飛沫浮遊するFULLの大きさは5μg以下で乾燥してると空 中に留まる時間は11時間も浮遊します。1μですと大変です12日間も空中浮游してしまうのです(Military Medicine 128(2) 1963)空気感染とはこの状態で患者から患者へ感染することなのです。中国の公害問題で中国在アメリカ大使館が名ずけ親のPM2.5もこの粒子の大きさ からの由来です。湿度がなく乾燥しているとFULLは浮遊する、だから冬季間で乾燥(特に吹雪)の時に大流行するのです。

この対処策として加湿器をお勧めします。(ナースステーションでは実施していますが)湿度を高めると空中のFULLは重くなり床に落下し浮遊ウィルスは無くなります。

また、FULLの患者さんと同居してる場合は皆さんの部屋と隔離して下さい。そして3時間毎に換気する事です、空気が入れ替われば戸をしめて暖かくして下さい。FULLの空中濃度を希釈する事が大切なのです。昔の看護婦さんが結核病棟でよく換気をしてましたね、今は開閉する窓が有りませんが。

最後に人混みから帰宅しましたら入浴しましょう。着ていた服(雨カッパを何枚か準備しておく)は洗濯機へ。家の中にFULLを外から家の中に入れないことです。
怖くない我が家の新型インフルエンザ対策です、しかし中国の病院の感染症対策は重装備でサリンなみである事と1部屋に患者7人菌が濃くなりますね。

  • 新型コロナウィルス対策として

MCH-101ヘリのスペック

掲載日:2017/04/14(月)

機体左舷のドアーの上にホイストをつけ担架8名、負傷者10名搭載可能。CH-53Aの後継機。

  • MCH-101ヘリのスペック
  • MCH-101ヘリのスペック

航空後送の欄CH-53A

掲載日:2016/07/15(月)

担架42名衛生兵4名追加

  • 航空後送の欄CH-53A
  • 航空後送の欄CH-53A

ロジスティシャン【logistician】.と「ロジ担」の違い。

掲載日:2016/07/09(月)

Logistcianと「Roji担」の違い
「Rogji担」のRojiはRogisticsであるが、日本の外務省で国際会議などの舞台裏の庶務担当者をいう。・
 政府首脳の外国訪問の際の宿舎、乗り物の手配なども担当する。であるから「ロジ担」とはLogisticsの一分野の庶務係的な事。

Logisticianの意味

掲載日:2016/07/06(月)

1994年ルワンダ難民の時にMSFのキャンプでロジスシャンの言葉は使われていた。言葉の発祥はMSFであり、他のNGO、国際機関では話されていなかつた。その意味は物資調達搬送、施設設置、車両管理、経理担当、安全通信を担当するexpertを言う。また、この最終判断指示をする人をsupervisorという。